離型剤なら小さな部品も成形可能!コストダウンを目指せる重要な素材

防水イメージ

フッ素コート剤が主成分の引火性のない離型剤を使うメリット

撥水

製造業を営んでいると、扱っているものによって、様々な法律による規制の対象になる場合があります。プラスチックやシリコン、またはゴムを使って、日用品や部品を製造しているメーカーの場合は、離型剤の選択次第では、危険物に関する法規制が適用される可能性があるので、注意が必要です。
離型剤の中には、引火性のある製品もあり、これを、成形作業を行う現場で大量に保管、使用する場合は、法規制の対象になる可能性が高いです。危険物関連の法規制を遵守する立場になると、人件費、施設設備費などのコスト面での問題と、法に則った環境整備のための仕事が増えるという問題が新たに発生します。これを避けるためには、不燃性溶剤を使用したフッ素系の離型剤を現場で採用するのがいいでしょう。
フッ素系離型剤は、非粘着性というフッ素コートに特有の性質を離型剤に応用したもので、引火性がなく、作業に安心して使えるタイプの製品が販売されています。フッ素コート剤の離型性能は抜群で持続性があり、製品の大量生産に必要な連続離型に向いた離型剤として人気です。刷毛で塗布する液状タイプやスプレータイプの製品もあるので、自社の作業現場で使いやすい製品を選びましょう。

ピックアップ記事

撥水

フッ素コート剤が主成分の引火性のない離型剤を使うメリット

製造業を営んでいると、扱っているものによって、様々な法律による規制の対象になる場合があります。プラスチックやシリコン、またはゴムを使って、日用品や部品を製造しているメーカーの場合は、離型剤の選択…

MORE
計算機

ワックス系からフッ素コート剤を主成分とする離型剤に変えるメリット

仕事で使うものは、素材であれ道具であれ、常により良いものに更新し続けていきたいものです。これまで使っていたものよりも、品質がよくてより価格の安いものがあれば、それに切り替える方がいいでしょう。同…

MORE
ハケ

離型剤はフッ素コート剤専門メーカーから購入しよう

ゴムやプラスチックを材料として使い、小さな部品やデリケートな構造の製品を製造しているメーカーにとっては、成形作業の成否を左右する離型剤の選択がとても大事です。離型効果の高さでいえばフッ素系離型剤…

MORE
屋根

成形作業現場で再塗布可能なフッ素コート剤使用の離型剤が便利

製品づくりの作業現場は、必要な道具が全て揃っていると同時に、材料調達やスケジュールに関してある程度融通が利くと、非常に仕事がやりやすいものです。例えば、プラスチックが材料の製品を作っているとして…

MORE