離型剤なら小さな部品も成形可能!コストダウンを目指せる重要な素材

防水イメージ

ワックス系からフッ素コート剤を主成分とする離型剤に変えるメリット

計算機

仕事で使うものは、素材であれ道具であれ、常により良いものに更新し続けていきたいものです。これまで使っていたものよりも、品質がよくてより価格の安いものがあれば、それに切り替える方がいいでしょう。同じ値段の道具なら、従来品よりも使い易いものや多機能なものが新たに発売されている場合もあり、こちらを使うことでこれまで問題だったことが解決されることもあります。離型剤にしても、これまでワックス系を使っていたメーカーであれば、一度試みに、フッ素コートの性質を利用したフッ素系離型剤に切り替えてみてはいかがでしょうか。
ワックス系離型剤を使い慣れているメーカーでは、成形作業後、成形物を金型から取り出して洗浄することが必須の手順という認識かもしれません。フッ素系離型剤に変えると、この手間は不要になります。
というのは、フッ素コート剤は、ワックスと違って成形物に殆ど付着しないからです。金型も汚さないので、ワックス系離型剤を金型に塗布して使っていた時と比べて、かなりクリーンな状態で作業することが出来るようになります。また、フッ素系離型剤は、ワックス系よりも離型効果が長く持続します。そのため、連続離型が容易にでき、一日にこなせる成形作業の量もぐんと増加する可能性があるでしょう。

ピックアップ記事

撥水

フッ素コート剤が主成分の引火性のない離型剤を使うメリット

製造業を営んでいると、扱っているものによって、様々な法律による規制の対象になる場合があります。プラスチックやシリコン、またはゴムを使って、日用品や部品を製造しているメーカーの場合は、離型剤の選択…

MORE
計算機

ワックス系からフッ素コート剤を主成分とする離型剤に変えるメリット

仕事で使うものは、素材であれ道具であれ、常により良いものに更新し続けていきたいものです。これまで使っていたものよりも、品質がよくてより価格の安いものがあれば、それに切り替える方がいいでしょう。同…

MORE
ハケ

離型剤はフッ素コート剤専門メーカーから購入しよう

ゴムやプラスチックを材料として使い、小さな部品やデリケートな構造の製品を製造しているメーカーにとっては、成形作業の成否を左右する離型剤の選択がとても大事です。離型効果の高さでいえばフッ素系離型剤…

MORE
屋根

成形作業現場で再塗布可能なフッ素コート剤使用の離型剤が便利

製品づくりの作業現場は、必要な道具が全て揃っていると同時に、材料調達やスケジュールに関してある程度融通が利くと、非常に仕事がやりやすいものです。例えば、プラスチックが材料の製品を作っているとして…

MORE